拗らせ女の備忘録

もしも生まれ変わっても きっとまたあなたに会うわ

あなたに捧げる恋文

「あなたに捧げる恋文」

【訳】推しくんのプレボに突っ込む手紙

 

推しくんへのお手紙事情についてです。

初めは「お手紙について」とかにしようとしたのですが自称ポエマーなもので(^^;;

ポエマー魂に火がついちゃいました。

 

 

私の書くお手紙、めちゃくちゃ普通です。

超普通です。

 

 

I.宛名

【便箋】「◯◯くんへ」

最近「◯◯さんへ」のが良いのかな…とか不安になってきました。

まぁ「◯◯くんへ」を貫くと思います。

【封筒】推しくんの「フルネーム+さん」

隅に私の名前だけ。

「▽▽より」みたいな感じです。

 

 

II.書き出し

「△△△、お疲れ様でした。」

これの前に時々「こんにちは」とか書きます。

そのへんは気まぐれです。

 

 

III.内容

  • 舞台良かったです〜みたいな文
  • 舞台ここが好きです〜みたいな文
  • 舞台◇◇役かっこよかったです〜みたいな文
  • イベントここが楽しかったです〜みたいな文
  • 次の舞台またはイベントが決まっているときは御出演おめでとうございます&楽しみです〜みたいな文

とにかく褒めてます…笑

推しくんのおかげでこんなに楽しかったし、感動したんだよ!ありがとう!大好き!”っていう感謝の気持ちだったり、伝えたいことを拙いながらも頑張って言葉にしているつもりです…。

 

 

Ⅳ.締め

「最近気温の変化が激しいのでお身体に気をつけて下さい。」みたいな文。

一丁前に推しくんの体調を気遣っちゃいます。

でも身体が資本ですからね。

健康でいてほしいので。

300歳ぐらいまで生きてほしいので。

私も300歳ぐらいまで生きます。

いっそ共に不老不死になりましょ。

2人でこの世が終わるのを見届けましょ。

世界の終焉を嘆き合いましょ。

 

またポエマーが発動してしまった…!

 

そして、次にいつものお決まりの文章。

これは恥ずかしいので割愛します(^^;;

 

最後に日付け&私のフルネームを書いて完成です。

 

 

 

〓渡す頻度

現場に行くときには必ず渡しています。

どのタイミングで推しくんの元へ渡っているのか分からないので、あまり事務所には送りません。

 

〓便箋の枚数

少ないです。まじで。

1枚です。多くても2枚です。

少なっ!って思いますよね。

私も思います。

もっと書こうとすると広辞苑ぐらいの厚さになってしまうので。

極端ですよね笑

 

レターセット

同じ種類とかじゃないです。

最初はずっと同じのを使っていこうと思ったのですが、普通に飽きて辞めました。

派手すぎないキャラものだったり、ワンポイントだけのシンプルなものだったりと色んなレターセットを使ってます。

 

〓書く流れ

スマホのメモに箇条書きで伝えたいことをメモる

(思いついたらすぐスマホにメモってます)

⬇︎

下書きなし!ボールペンで一気に書く

(ミスったら即OUT、また新しい便箋に書きます)

⬇︎

記念(?)に写真を撮っておく

⬇︎

現場に向かっている途中、その写真で改めて内容確認

⬇︎

うわぁ〜ってなる

(後々読むと字汚いし、内容普通だし…って自己嫌悪に陥ります)

 

〓所要時間

思いついたらすぐスマホにメモってるので、それを組み立てて書くだけだから割と早いです。

でも、誤字脱字から逃れられないループに嵌ってしまうと厄介ですね。

調子が良いときはスラスラ書けちゃいます。

 

〓こだわり

  • 絶対にタメ口は使わない
  • ハートとか星とか記号を使いすぎない
  • いい感じの改行を心がける
  • 例え最後の一文でミスっても修正テープなどは使わず新しい便箋で始めからやり直し

こだわりというか気をつけていることですね。

 

 

 

こんな感じですね。

THE 普通。

 

 

お手紙を書いているときに頭の中が、推しくんへの想い120%!!!推しくんへの愛が止まらない!!!大好き!!!みたいなるんですけど、それが結構好きです。

 

相手のことを想って書くお手紙、ちゃんと想いが伝わっていたら嬉しいです。

 

 

 

だんだんはてなブログ慣れてきました。

スターとかありがとうございます。

すごく嬉しいです。

プロフィールアイコン、画像ちゃんと反映されました!イェーイ!