拗らせ女の備忘録

もしも生まれ変わっても きっとまたあなたに会うわ

同担拒否という不治の病

『同担拒否』

それは古の時代から厄介といわれている不治の病。

 

そんな同担拒否についてのお話をしようと思います。

 

同担拒否って何だか、

推しくんは私のものなんだから同担は敵!」

「私こそが推しくんの女よ!」

推しくん=WATASHI!!」

ってイメージがありますよね。

 

私も最初はそう思ってたんですけど…

けど…

 

同担拒否ってそんな単純なものではありませんでした!!!!!

 

とりあえず同担拒否について考えてみると、同担拒否には色々なタイプがあると思います。

 

➀リアコ

同担拒否の代名詞ですね。

➁嫉妬

特定ファンサなんか目撃しちゃった日には国1つぐらい破壊しちゃいますね。

➂価値観の違い

何事も価値観って大切ですよね。

➃マウント問題

マウントを取られる、取ってしまう。両方の問題がありますね。

 

私は大きく分けてこの4タイプだと思っています。

 

 

そんな4タイプ全てに該当するのが何を隠そう!

この私です!

 

ということで、私について4タイプごとに解説(?)してみました。

 

➀リアコ

これはまだ疑惑です。

私は私自身にリアコ疑惑をかけています。

でも、推しくんと付き合いたいとか結婚したいとかそういう訳ではない。

ま、私にそんな権利があるなら血塗れになってもボロボロのズタズタになってもその座を奪いとりますけどね。(絶対無理です)

 

➁嫉妬

接触イベで確信したんですよね。

自分が同担拒否だと。

推しくんが同担にニコニコしてたり、親しげにしてるの見ると何というか、胸の辺りがズキズキするというか…。

単なる不整脈でしょうか…?

 

➂価値観の違い

この世には色々な人間がいますからね。

そりゃ色々な価値観がありますよね。

聞きたくもないグループ型同担の会話を聞いてしまい、尚且つ価値観が違うと耳栓でも付けたくなります。

 

➃マウント問題

オタクって必ずと言っていいほどマウント問題にぶち当たりますよね。

でもそんなマウント問題を避ける方法が1つだけあります。

同担拒否です!同担との関わりを遮断すればマウントを取られる相手も取る相手もいません!(完全に避けることは多分できないと思いますが)

 

 

こんな同担拒否をキメてる私は現場でどうしているのか?

ーーーぼっちを貫き通しています。

 

 

でも何かしらで話さなきゃいけないときには割と普通に話せます。

現場に着くのが異常に早く、開場待ち列の先頭にいることが多いのでよく「○○イベの列ってここですか?」みたいなこと聞かれるのですが多分穏やかに話せてると思います。

 

 

あと私はドMなのか何だか知りませんが、推しくんのツイートのリプ欄を見るという自虐行為が辞められません。

心霊番組を怖いのに見ちゃうみたいなもんなのでしょうか…?

 

 

同担拒否についてはまだまだ書きたいことはありますが文章力がないため、もうどう書いたら良いのか分かりません(・・;)

 

最後に…

まさか、自分が同担拒否になるなんて思ってもいませんでした。

某アイドル事務所を追っかけていたときは相方も同担だったし、基本的には「同担同士、仲良く肩組んで行こーぜ★」って感じだったので。

 

 

人生何があるか分かりませんね。

 

 

はてなブログの使い方、まだ全然分かりません…笑

なぜプロフィールアイコンが反映されないのか永遠の謎